視認性はどれだけ変わる?

夜間や雨天といった視認性が低下する環境で運転する機会は数え切れないほどあると思いますが、その時事故を起こしてしまった際はすぐに後続車両に自分の位置を知らせる必要があります。軽い事故ならハザードランプを点灯させて置くだけでも十分効果がありますが、時にはエンジンが上手く作動しなかったりランプが故障していることもあるので、三角停止板などの使用が推奨されているのですが、それらを設置する作業中に自分の位置を知らせることも事故の防止に繋がります。安全反射ベストはそうした事故を減らすために利用されているのですが、実際のところどれだけの効果があるのでしょうか。
安全反射ベストは自動車のライトなどの光を反射して視認性を高めることが出来ます。実際に夜間に工事現場近くを走行しているときに工事現場に目を向けてみると安全反射ベストを着ている作業員が良く見えると思いますが、もし安全反射ベストが無いとかなり近づかないと作業員を確認することが出来ないでしょう。これが他に自分の位置を知らせるものが何も無い道路だと本当に人が作業しているかどうか確認することが出来ないそうなので、安全のためにも安全反射ベルトを用意しておいてください。

コメントは受け付けていません。